売る時に喫煙者と禁煙者は査定にどれ位影響するのか?

MENU

喫煙者と禁煙者の査定額の差について

新車でしたら気にしなくてもいいことですが、中古車を購入するとなった場合に今では一番に気にしていることが喫煙車か禁煙車かということです。
禁煙車でもオーナーが喫煙していても車ではたばこを吸わないということではたばこの臭いが染みついていることもあります。それに車を借りた人が中でたばこを吸うこともありますから、中古車で完全に禁煙車となるとなかなか難しいのが現状なのです。
ディーラーや販売業者もしっかりとクリーニングをしてくれていますから最後は自分の鼻を信じるしかないでしょう。
それでもたばこを吸わない人は禁煙している中古車を選ぶでしょう。
たばこを吸っている人でも他人の吸ったヤニが付いている車には乗りたくないということから禁煙車を求める人が多いようです。
そうなると気になるのが売却する側に立った場合ですね。
禁煙車と喫煙車では査定価格にどのくらいの差が出るのでしょうか。
一般的にディーラー下取りのときにたばこを吸っているかどうかというのは聞かれないことが多いです。
しかししっかりと査定をすることでこの車が禁煙車か喫煙車かということはすぐにわかります。
これには1万円から2万円程度だろうという人もいれば10万円くらいは変わるという人もいます。
1万円程度でしたら車でたばこを吸う人も多くなりそうですね。
もっとも喫煙車が中古車市場で売れないのは厳然たる事実ですから、それ以上に査定価格が違ってくるように思います。
いずれにしても喫煙車と禁煙車では確実に査定価格が変わってきますから、気になる人は新車購入時から喫煙には気をつけておいたほうがいいかもしれません。
昨今では喫煙率も下がってきましたしたばこを吸いながら車を運転している人も見ていても少なくなったような気がします。
たばこの価格も上がりましたから禁煙傾向はこれからも続いていきそうですね。