車を売る時の電話対応について

MENU

車買取の対処の方法について考えます

現在では大人気となっているのが、中古車買取一括査定サイトです。
この一括査定サイトに申し込むと参加するすべての買取専門店のデータベースに個人情報が登録されます。
そこから送信された車の情報を確認して、買取専門店の営業スタッフなどはすぐにアポイントメントを取るためにこちらの電話をかけてくるのです。

 

一括査定に登録する段階で聞いた話では、買取専門店は一括査定サイトに無料で登録されているわけではありません。査定をするにしてもそれなりの経費がかかっているのです。もちろんこれは当然のことで、黙っていて、一般の人の個人情報がゲットできるほどこの世界は甘くありません。それに安易なデータ収拾は摘発されてしまいますから、昔に比べて個人情報の取り扱いは本当に気をつけなくてはいけません。ですから、一括査定サイトに参加する買取専門店では、ユーザーの個人情報を受け取った時点ですぐに費用が発生するようになっているのです。
ですから、ユーザーを獲得しないと、手数料の分だけ損をしてしまいますから、そこから必死というか決死の営業活動を展開しなくてはいけなくなるのです。もちろんその営業スタッフもアポイントメントを取ることが会社からの使命ですから当然のことです。

 

こういった裏事情を理解した上で一括査定サイトに申し込むと営業スタッフからの電話も仕方ないなと思うことができます。もっとも、こちら側としても一括査定サイトを利用しているかぎりは少しでも車の値段をつり上げたいという思惑があります。相手の営業スタッフはできるだけ安く買い取りたいはずですし、それでも他社よりも少しだけ高く、という思惑があることを忘れてはいけないのです。こちら側も複数の買取専門店を比較していることをしっかりと伝えておいて、一番高い買取査定を出してくれた会社に売りますよとアピールすることはとても大事なことなのです。

 

基本的には、一括査定サイトで最初に査定士が提示する買取査定額というのはその買取店の限界買取額よりも低めになることが多いです。
それは競合他社の出方を伺うためであることは間違いないのですが、最初から最高額を出すとあとで困ってしまいます。これは素人から考えてもわかることですから、最初の額で決まることはありませんし、利用する側も最初は気楽に応じるようにします。ですから、最初の買取額は当てにしてはいけないということをここでは強く言っておきます。
ただし、競合他社が50万前後を提示しているのに、1社だけ80万といったダ突出した高い見積もり査定を出してくる会社は逆に注意が必要です。
そこで喜び勇んで即決しても、数日後の支払いの時になって、実車に傷が見つかったので減額させてもらうなどといってきて50万以下になる場合もあるからです。
こういった悪質な中古車買取店もそんざいするので注意が必要なのです。
明らかに他社よりも高い見積もり査定を出してきた会社は要注意ということですね。
もっとも多くの買取店はカーオークションなどで需要を常にチェックしています。そのような買取値でも十分に売り抜けると判断したときは、強気な価格で高額査定をすることもありますので、そのあたりの見極めも大切になってくるのです。
最後に、出張査定になるのですが、合同で査定してもらう方法もありますし、個別にしてもらう方法もあります。一般的には一つの業者に決めて単独査定をすることが多いです。合同査定だと手間が省けるのですが、一社以外は手ぶらで帰ることになるのですから、そこはかなり心が痛むといった人も多いです。できたら、一対一の出張査定のほうが利用する側も気楽でいいでしょう。また、合同査定ではなく、1日の中で時間をずらして査定してもらう方法もあります。