車を売る時の中古車査定の流れ

MENU

車を売却する際の中古車査定の流れ

中古車を売却する際の中古車査定の流れを説明します。
これまで乗ってきた愛車を売却する方法はいくつもあるのですが、どうせ売却するのでしたら一円でも高く買い取ってもらいたいと思うのが人情です。
そうなると、中古車販売店などに車を直接持ち込むのではなく、最初はインターネットを利用して中古車専門の一括査定サイトにアクセスして気に行ったサイトで一括査定を申し込むようにします。
これまでだったら、一円でも高く買取り査定をしてくれる、中古車販売業者を自分の脚で探さなければならなかったので、結局は車で高査定をしてくれる販売店を回らなければならず、時間とガソリン代を限りなく消費していました。
それがまず最初は家にいながらにして目当ての中古車販売業者を選定することができるのです。
インターネットにアクセスすることでオンラインによって数社の、場合によっては十社以上の中古車販売業者の査定を受ける事が出来るのです。
最初は机上の査定になりますから、こちらも車の情報として車種年式や走行距離ボディカラーなどを自己申告することになります。もっとも、それだけで多くの業者が査定をしてくれるのです。
ただし、申し込みには中古車の情報の他に利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の知らせなければいけません。
ここから、査定を依頼しない業者にも個人情報を知られてしまうというリスクが発生してしまうのです。
DMなどが大量に送られてくる事態も多数報告されていますから、気をつけなくてはいけません。
一括査定サイトでは、利用者が申告した中古車情報から導き出された概算の査定価格を教えてくれるので、そこから高く見積もってくれた中古車販売業者を選定して、今度は実際に実車の査定を申し込むようにします。

 

査定をしてくれる中古車販売業者は最寄りの住所が多いのですが、少し遠いような業者であれば出張査定を申し込むこともできます。こちらから依頼すれと、希望時間に業者の査定スタッフが来てくれるので便利です。
このときの出張査定になるとほtんどが無料ですが、出張査定を有料としている中古車販売業者もあるので事前の確認を忘れないようにします。
査定は実車を見て細かくチェックされます。
詳細な査定によって査定額が弾き出されます。
最初の机上の査定額よりも下がることが多いのですが、あまりにも下げ幅が大きい時は断ることもできますので、安易に妥協しないようにしましょう。
最初の査定額が気に入らなければ交渉によって引き上げることもできますので、あきらめず粘り強い交渉をするとよいでしょう。