車を売る最適な時期

MENU

車を売却する最適な時期について

中古車を売却する際に、査定をしてもらう最適なタイミングというものがあります。これは高査定を受けるのに適した時期ということです。
売却する最適な時期といっても、中古車というものは日々その査定額が落ちていくものです。ですから、中古車の売却は早ければ早いほど高査定につながります。
それでも売却の時期というものがあって、今よりも少し待ったほうが中古車の査定額が上がるかもしれない時期というものがあるのです。
俗によく言われているのが中古車の売却は春ということです。一年を通して車が一番売れるのが3月ということですから、2月くらいに車を売却するのが一番高査定が見込まれるのです。3月は人の移動が一番多い時期でもあります。
中でも新社会人が巣立つ時期でもあり、就職で車の免許を取得して車を購入しようという人が多いのです。
新車も好まれるのですが、まだ運転がおぼつかないですから中古車でも、という人が購入するのです。

 

このように中古車の需要が一年のうちでも大幅に高くなる時期ですから、中古車販売業者も中古車の買取り査定を上げてでも中古車の在庫の確保に力を入れてくるのです。それは多少高くても売れるという判断が働いているからにほかなりません。
中古車市場が過熱するとそれに伴って中古車価格も上昇します。ですから、3月のその過熱した時期に査定に出してもいいでしょう。もっとも時期的に遅くなることもあるので、3月に入ってすぐ、あるいは2月中にじっくりと、という動きでもいいでしょう。
この春先によく売れるのは新社会人で若いということもあって、軽自動車やコンパクトカーが多いです。
それ以外の車種になると、レジャーシーズンにミニバンやSUVなどの車種がよく売れますから、夏になる前の6月くらいが中古車査定としては狙い目の時期といえるでしょう。
ただし、このような時期も考えながら、車のモデルチェンジの時期もしっかり把握しておきましょう。モデルチェンジの発表があると、途端に査定額が低くなってしまいますので、その時期も見誤らないようにしなくてはいけません。