車を売るのに必要な書類について

MENU

車を売るのに必要な書類について

車は長く乗れば乗るほど愛着がわいてくるものです。そして長く乗れば乗るほど煩わしく感じることもあるでしょう。
車は日進月歩で進化していってますでの乗り慣れた車が一番といいながらも5年落ち10年落ちの車に乗っていて、ふと最近の車に乗ってしまうとそのテクノロジーの進化にびっくりしてしまうのです。
そういったことがいいきっかけとなって車の買い換えを考える人もいることでしょう。
車の買い換えとなると現在乗っている中古車がどのくらいで売れるのかが気になります。
もっともいろいろな業者を巡って少しでも高く買取をしてもらう業者を探すのは手間暇をかければなんとかなるでしょう。
そしていざ買取をしてもらうという段階になれば必要になってくるのが手続きです。
個人間での売買ということになれば細かな手続きを自分たちでしなくてはいけないので、途端に面倒なことになってしまいます。自動車ローンなどが残っている場合でしたら、名義変更などができないので注意が必要ですし、まず残債がある場合でしたら中古車の売却はできないと考えたほうがいいでしょう。
もっともその場合でしたら、個人間ではなく中古車買取専門店やディーラーでしたら、手続きなども指南してくれてスムーズに手続きをしてくれます。
まず、中古車の売却をする場合に必要な書類ですが、車検証と自賠責保険証が揃っていることが必須条件となります。
さきほどの自動車ローンが残っている場合でも、買取り価格が残債よりも高い場合は充当できますし、足りない場合は新たなクレジット会社とのローン契約で残債を支払っていくことが可能となります。
大事なのは個人間でも業者任せでも名義変更などの処置がきちんと成されるかどうかです。
そうではないと車は手放しているのに自動車税の請求が来るということにもなりかねません。ひどい場合は売却した車と、新車の2重の自動車税の請求が来る場合があるからです。もっともそれは個人間の売買のときに起こりがちです。
そうならないためにもしっかりと書類を揃えて名義変更などの処置をしなくてはいけません。
必要書類では上にあげた、車検証、自賠責保険証の他に自動車税納税証明書、印鑑登録証、実印などが必要になりますから、あらかじめ揃えておきましょう。他に売却する側が用意するものとして委任状や譲渡証明書が必要になってくる場合もあります。
車の売買というのは特に細々したことが起こりますので、個人間の売買では手間暇がかかりすぎることがありますのでやはり業者任せにすることが望ましいのです。