売る時に下取りに出さない方がいい理由について

MENU

車を売るときに下取りをしないほうがいい理由

一昔も二昔も前でしたら、中古車の売却というのは下取りをしてもらってから同じところで新車購入という流れが一般的でした。これは今もそれほど変わらないでしょう。
このメリットは、一つの業者で中古車の処分と新車購入がワンセットになっていることです。
もっとも下取りをする場合はディーラー下取りが多いと思うのですが、ディーラーの場合は査定表に基づいて車の値段が決まりますので、人気車不人気車にかかわらず一定の査定となってしまいます。
そのため、将来の高査定を目指してそのときの人気の車を購入したのにそれほど大きな査定額にならなくてがっかりと思う場面もあるのです。
ディーラー査定の場合は特にカスタムをした車など、高いお金をかけて車をいじってもそれが査定額に反映されないことがネックとなることが多いのです。
ディーラーではカスタム車ではなく、新車時の状態の車を元とする場合があるからです。
ですから、マフラーを高価な社外品に交換していてもそれだけで査定額が下がってしまうことがあります。
そのため、それほど高額な査定にならないことが多いのです。
逆に社外品のマフラーでしたらノーマルマフラーに交換してくれなければ下取りできないというディーラーもいるくらいですから、購入時のマフラーは売却しないで持っておいたほうがいいでしょう。
一方で買取専門業者の場合は車の価値というのは時価相場で決まることが多いです。
そしてディーラーが決まった販売ルートしか持っていないのに対して買取専門業者の場合は多彩な販売ルートを持っています。通常の中古車市場もさることながら、現在人気となっているカーオークションもそうですし、日本では売れないといった中古車でも海外輸出という販売ルートを開拓して成果をあげている業者が多いです。
ですから、買取りできない車はないというキャッチコピーも頷けるというものです。
以上のことからもワンストップで新車を購入したいというものでなければディーラーを利用する場面は少ないでしょう。
今では下取りよりも買取のほうが結果的に得をするというのは答えとして出ているのです。
ディーラーでは下取りが50万円だとされた場合でも、買取専門業者に持っていった場合の買取査定額が100万円になったというのもガセではありません。カーオークションなどでそれ以上の取引で売買されていたら、たとえ横流し的な査定額でも十分に利益をあげることができるからです。
業者は在庫を抱えるのを嫌いますので、如何にすぐに売り切るかということを考えます。そのために販売ルートを充実させてきたのですから、ディーラー下取りよりも高く買取りをしてそれをさらに安く中古車市場に流すと言う戦略をとっているのです。以上のことからもディーラー下取りよりも中古車買取専門店のほうが高査定となるのは間違いないのです。