車を売る時に損をしない豆知識について

MENU

売る時に知っておいたら損をしない豆知識

得するということでもないのですが、一般的に車の売買にはいろいろなものが付随してきます。
たとえば消費税なのですが、こちらが業者に買取をしてもらいます。
そうすると消費税も支払わなければいけません。その消費税は当然売却した側に支払われるものです。
たとえばわかりやすく説明するために100万円の買取査定があるとすれば消費税は8万円となりますから、108万円を受け取ることができると思います。
もっとも事業者対象という条項もあるので、業者側は100万円の中に消費税が含まれていると主張するでしょう。
それでも消費税を受け取る権利はありますので、何もこの話題が出ないときは試しに聞いてみるといいと思います。
また、自賠責保険や自動車重量税などは月割りで戻ってくるものですから、そのあたりも売却側の不利にならないように問いたださなくてはいけません。
シビアな面もありますがしっかりとした対処をしてくれる業者であるかどうかを判断する材料にもなりますね。
同様にリサイクル料金の説明をしてくれる業者であれば尚信頼できると思ってもいいでしょう。

 

 

車を売るときに気をつけよう瑕疵担保責任について

瑕疵担保責任と言う言葉を知っていますか?
あまり聞き慣れない言葉ですし、一般的には私たちにはあまり縁のないものです。
これは簡単に言うと、売却した車に対しての責任の範疇を示す言葉なのです。
たとえば、売却した車に重大な欠陥があって購入した後にトラブルに見舞われたときに売却した側にかかる責任ということです。
買取専門業者に買取をしてもらった場合にこの瑕疵担保責任が売却側にどうかかわってくるのかというのは細かな決まりがあるわけではありません。
買取業者側も車の整備をしっかりして販売しますのでそのあとの瑕疵担保責任は買取業者側に移るからです。
それでも、最初の売却側に問題があるとしたら、事故歴や修復歴を隠しておいた場合でしょう。
だましたわけではなく言わなかっただけというのは通用しません。
これもたいていはプロの査定士ですから見つかる可能性は高いのですが、それでもその自己修復歴によって軽微なトラブルが起こっても売却側に責任を問われることもありますので注意したほうがいいでしょう。
事故修復した場合は買取査定前にしっかりと伝えたほうが後々のトラブルにも安心といえます。