下取りで売る時に査定料が発生する場合は?

MENU

下取りで売る時に査定料が発生する場合とは?

昔から新車購入の際にはそのディーラーで下取りをしてもらうのが一般的でした。
下取り査定はそのディーラーで新車を購入することが前提ですから、サービスで下取り査定もアップしそうなものですがそれほど下取りというのはアップしないものです。
逆に新車価格で割引をすることが多いのです。
ですから、下取り査定がゼロの場合は逆に下取り査定料という項目に金額が載っている場合があるのです。
ディーラーから言わせると下取り査定にかかる人件費ということになるのですが確かに何時間も査定する場合もありますから人件費がかかるのも当然といえるかもしれません。
ですが見積もり無料という言葉も耳にしますし、下取り査定をする際にそれに対して料金が発生するのに納得できないという人もいるのではないでしょうか。
もっとも下取り査定料をきちんと記載しているディーラーのほうが良心的で、あるディーラーなどでは下取り査定料をゼロにしながらどこかでつじつまを合わせているのかもしれませんし、この下取査定料というのはかなり曲者と考えてもいいでしょう。
もっとも下取り査定がゼロとなり、下取り査定料だけが突出して損をした気分になるくらいでしたら、ディーラー下取りはスパッとあきらめて中古車専門の買取業者に買取査定をしてもらうほうがいいかもしれません。
買取査定でしたら査定金額がゼロになることはありませんし、買取査定料もそれほどの金額にはなりませんからトータルで得をすることは間違いないからです。
基本的にディーラーは何をするにしても金額に対してはシビアです。新車購入であればディーラーを通すことが多いのでそこはかなり殿様商売と言ってもいいかもしれません。
少しでも車の売却で得をしようと考えるのであれば、ネットの一括査定サイトを利用するといいでしょう。
これは中古車専門の買取業者がこぞって査定金額を出してくれるサイトです。利用者は車の簡単な情報を入力するだけで仮ではありますが買取査定額を提示してくれますのでその中から最高値を出してくれた買取業者と買取査定の交渉に入ればいいのです。このときに査定料が発生しますが、それも査定金額で相殺されてなおかつ査定金額のほうが大きいですから得をすることになるのです。