車を高く売る為にやるべき事について

MENU

車を高く売るには複数の業者に査定の見積もりを取りましょう

車を売る際に考えるのは少しでも得をしたいということではないでしょうか。
それには車を高く買取りしてもらえばいいのですが、買取をしてもらうにも大きく二つの方法があります。
一つは純粋に車を買い取ってもらうこと、もう一つは車を買取りして貰いそのまま同じ業者で新車を購入する方法です。これは下取りといわれて、昔も今も利用している人が大半ではないでしょうか。一つの業者で乗っている車の処分と車の購入が一度でできるのですからこれほど手頃なことはないのです。
それでも、現在乗っている車をより高く買取をしてもらいたいということになると、ディーラー下取りよりも買取専門業者に買取をしてもらうほうが得です。
それは買取専門業者のほうが時価相場で買取をしてくれることと、多くの販売ルートを持っている点があげられます。
アフターサービスなどの面倒といった面ではディーラー下取りのほうがいいでしょう。車にあまり関心をもっていない人であれば下取りを勧めます。
一方で少しでも車を高く買取りしてもらいたいということであれば選択肢は買取しかありません。
そこで買取の一点にしぼって話を進めます。
買取の基本ですが、まずは自分の車の客観的な価値というものを把握しておきます。このときの価値というのは販売価格ではなく、買取り価格になります。ですから、一社だけで買取り価格を聞いても他に比較対象がありませんから、そこで本交渉に入ってしまっては買取業者のペースになってしまいます。
売却する側としても自分の車の価値を把握して交渉に臨まなければならないのです。
そういった面を考えると、一社との交渉ではなく、複数の買取業者の買取査定額を聞いて自分の車の買取り価格というもののボーダーを決めておくのです。
たとえば50万円を提示してくれる業者が多ければ60万円を提示してくれる業者に決めるといった交渉術です。
そこまでではないにしても、そのボーダーラインを超えるような買取査定額を提示してくれる業者にお願いするのです。
昔からこういった交渉では複数の業者から相見積もりを取るというのですが、今はネットの一括査定サイトなどがありますのでより簡単に買取り価格を比較できるようになっています。
こういったサイトをフルに活用することでより高く車を買い取ってもらうことができるのです。

 

 

車を売る時に複数社で一括査定をしてもらう理由

車を長年乗っているといつかは手放さなくてはいけません。次の車の買い換えということになるのですが、手持ちの中古車の状況によって買取査定額というのは変わってきます。買取となると単純にその中古車を買い取ってもらう方法と、下取りという方法があります。
両者は同じように考えられがちですが、買取をする中古車買取専門店と下取りをする主にディーラーは業務体系が根本的に変わってくるので同列には計れません。もっとも買取専門店で買取をしてもらってその専門店で新車購入ということになればそれは買取ではなくて下取りと言ってもいいでしょう。
ここでは買取をしてもらう場合を考えてみます。
車を売却したいと考えた場合少しでも高く買取をしてもらいたいのが人情ですが、その場合はどうしたらいいでしょうか。
普通に考えると中古車買取専門業者に連絡をとって買取査定をしてもらうことが一般的です。
ネットで所在を調べたり口コミなどで調べることもあるでしょう。
そのように調べて、連絡をとって車を持ち込んでの買取査定、あるいは業者から出向いてもらっての出張買取査定ということになります。
もっとも最初の段階でこういた買取査定は一対一の交渉になりますから、売却する側としては査定額が気に入らなければそこで交渉決裂ということになります。気に入らないからもう少しあげてくれと言われてもせいぜい1万円程度のものでしょう。そこから5万円も10万円もあがったら、逆に不信感を抱きかねません。
もっともそういうこともけっこう起こりがちなのがこの世界です。
ということは少しでも多くの業者と買取査定の交渉を持ったほうがいいということになります。
そうなると一軒一軒手当たり次第ということになると時間がかかりすぎてしまいますので、手間暇を考えると理想的な動き方とはいえません。
めぼしい業者を少なくても2社以上は見つけておいてそこから買取査定額を出してもらい、高く買取をしてもらえる業者と本交渉をするのが得策です。
「あちらの業者では買取見積もりでこのくらいになった・・」というのも競合させる意味では効果的でしょう。
もっとも売却する側も人気車であることが大事です。人気車であればあるほど強気な交渉ができるからです。
以上のことからも買取交渉はよほど懇意なところでここしかないという場合を除いて複数社と交渉を持ったほうがいいです。
そして大事なのは自分の車の買取相場というものをしっかりと把握しておくことと、これ以下では譲らないという固い信念を持つことです。

車を売る時に査定士が重視するポイントとは?

中古車を売却するには下取りあるいは買取といった二つの方法から選ぶことになります。
もっともこれは手法であって、実際の査定内容は一緒です。
ここ数年ではインターネットを利用しても一括査定サイトなどが人気となっていますが、最初に車種や年式などの簡単な基本情報で仮査定額を弾いてもらったあとはそれをもって本査定となります。そのときは業者が用意する査定士が実車を実際に見ての本査定となるのです。
ディーラーと違って買取専門業者の査定は甘いという噂もありますが、それは違います。逆にシビアという印象を受けます。
もっともそれを通過するとディーラーよりも高査定となりますし、不人気車の場合は逆に低査定となる場合もあります。
買取専門業者の場合はその点がすごくシビアで、人気車であればすぐに売れる可能性が高いのでより高査定になるのです。
それで気になるのは本査定のときの査定士がどのように中古車の査定をするかということでしょう。
実際にその査定ポイントというのはマニュアルもあるようなのですが、基本的なところは一緒でも熟練の査定士となると大抵のところは一瞥したところでだいたいのところはわかるといいます。
一番重視しなくてはいけないのは事故車かどうかというところです。
これはいろいろな企業秘密的なポイントがあるようなのですが、査定士でしたら事故車を隠していてもそれがわかるといいます。それは車の骨格といわれるフレームのわずかなゆがみなどもわかるということなのでしょう。ですから、事故修復歴がある車の場合は事前に査定士に申告しておいたほうがいいでしょう。
黙っていても問われることはありませんが、査定士の心証が違ってくるからです。黙っていてもわかるのですから自分から進んで言っておいたほうが後の交渉もスムーズに進むはずです。
基本的に小さな傷などは問題になりません。
人によっては査定額を上げようと、修復して査定に出すこともあるようですが、その修復した費用ほど査定額があがることはありませんので無駄足になる場合が多いのです。
査定士が査定においてみるポイントの一番は普段どのように車に乗っているかです。
これは普段のメンテナンス状況、車の清掃状況など普段使いにおいて車に対してオーナーがどのように向き合っているかということです。それによって自ずと車の状況が見えてくるのですから査定士としては大きな査定ポイントとなるのです。
車種や年式などであらかた査定金額というのは決まってきます。それプラスで日頃のメンテナンスなどが生きてくるということですね。

車を売るにはタイミングが大事

愛着のある車もいつかは手放さなくてはいけません。
そうするとその手放すタイミングというのはどういったものでしょうか。
その多くは利用者の都合でしょう。
たとえば車検が近くなってきて、これで3回目の車検ということになると、都合7年ということになりますから、買い換えのタイミングとしてはベストな印象を受けます。
もっともこれがディーラー下取りでしたら、ほとんど下取り査定額はないでしょう。
実際に多くのディーラーの査定表では年式が7年落ちで下取り査定はゼロということになっているからです。
実際には新車購入から4年で査定額は新車価格の半分になり、それからさらに急速に価値は下落して7年でゼロとなるのです。
これはディーラーの下取り査定表によるもので、本交渉になった場合は多少の色が付く場合があります。それでもディーラー査定の場合はそれほどびっくりするような査定額にならないのが一般的です。
そのような中で少しでも高く買取をしてもらおうと思うのでしたら、売却側の都合ではなく買取をしてくれるディーラーあるいは業者側の都合を考えてみましょう。
多くの場合買取をするということは業者やディーラー側から見ると販売用の車を仕入れるということになります。
そう考えると仕入れたものは整備してすぐに売りたいのです。そうしないと車というのは時々刻々とその価値を落としていきますから当然です。そうなると一年を通して車がよく売れる時期の少し前に車を仕入れたいと思うのです。
一年の中で車がよく売れる時期というのは、人がたくさんのお金を持っている時期、となると夏冬のボーナス月ということになります。実際にもそうなのですが、それにプラス購買意欲というものがプラスされていないといけません。
その時期が一年のうちで最も高くなるのが3月なのです。3月は人の動きが活発な時期です。会社員であれば異動の時期でもありますし、新社会人として社会にはばたく時期でもあります。このときに新しい車を購入しようとする人も多いですし、多くの企業も3月は決算時期となります。
駆込みでもなんでもいいですから売り上げのラストスパートの時期なのです。
少しでも売り上げの上積みをしたいのはディーラーも中古車買取専門業者も一緒です。そうなると車を少々高くても買取をして販売するという戦略をとります。
以上のことから2月3月は車がとてもよく動く時期ですので、売却する側としても車検などに合わせるのではなく、このような業者やディーラーが車を欲しがっている時期に売却すると他の月よりも高査定となることが多いのです。

更新履歴